LYKKE ≪公式≫ ブランドサイト

CSR 私たちの社会への還元活動

LYKKEは、ブランドとしてのCSR活動として
2つのプロジェクトを推進してまいります。

1: 森とのつながりを取り戻す
「TOMARIGI プロジェクト」

『木をつかうことは、
自然と共生すること』

人は自然の中の一つの存在です。
森や木や川も私たちと同じく
自然の中の一つの存在です。

社会の急速な変化や、
生活の進歩により私たちの暮らしが一変し、
日常生活から自然(森)と切り離された生活を
余儀なくされていきました。
実は毎日の食事を感謝しながら
頂いているのと同様に、
森からも日々沢山の恩恵をいただき、
私たちは暮らしています。
LYKKEでは、
国産の天然木で作ったフットケア商品の開発、
セルフケアメソッドとしての活用を通じて、
間伐材の有効活用や、
自然との共生、森への恩恵を感じていただく
「気づきの場」を提供しております。

これからも地球の大事な資源を敬い、
私たちの毎日を豊かにしてくれる、
様々なセルフケアアイテムをお届けして
まいります。

職人の手を通じ、間伐材からフットケア雑貨に
生まれ変わった足アイテム一例

左:マッサージボール(国産杉)
右:ストレッチバー(国産杉)

包装資材の環境への取り組み

パッケージには、
FSC®︎認証紙を取得している素材を、
積極的に採用して参ります。
FSC®︎マークの取得素材を選択することにより、
環境や動物を守り、森林に依存する方々や、
森林を適切に管理する林業の方々を敬い、
支援することができ、
日本及び世界の
森林資源の保全へとつながります。

※「FSC®︎ 森林認証紙」とは

適切に管理された森林資源や、
責任をもって調達された原材料で
作られたものを保証する認証です。

ベジタブルインキ(植物性油)について
ラベルには、ベジタブルインキ(植物性油)
積極的に使用しております。
植物性油とは、再生産可能な大豆油、亜麻仁油、
桐油、ヤシ油、パーム油等の
植物由来油の他、使用済みてんぷら油などを含む、
廃食用油をリサイクルした再生油で作られた
インキのことです。

  • ①紙とインキが分離しやすく、
    印刷物の再生紙利用が低コストで行える。
  • ②石油系のインキと比較し、焼却時に大気汚染の
    原因となる成分の発生を抑えられる。
  • ③廃棄した際に、土中や水中の微生物によって
    分解されやすくなる。

ベジタブルインキを使用することで、
この様な環境に配慮したメリットが生じます。

活動協力:天地林(徳島県)

2: “生涯自分の足で歩くための
足活プロジェクト”

足の老化は20歳から
始まっていると言われています。

この先も自分の足で
元気に歩み続けるためには、
足についての学びを深め、
毎日の暮らしの中で、より良い習慣を
とり入れていくことが大切です。

そこでLYKKEでは、専門家を通じた足の学びや
綺麗と元気をつくるエクササイズ等の
レッスンを通じて、
「生涯を通じて足の健康や
美しさを維持する習慣化ケア」

お届けしてまいります。

オンライン、オフラインでご案内してまいります。
>> LYKKE(リュッケ)
公式YouTubeチャンネル

ぜひLYKKEチャンネルもご登録ください。

Happiness begins at your feet.
~しあわせは足元から~
by LYKKE

BACK TO
TOP